高級クラブで働くならどんな服装?ラウンジと比較

「高級クラブで働く時、どんな服装してるの?」
昼の仕事をしている友人から、こんな質問をよく受けます。
ホステスの服装について、気になってる人は意外と多いです。
こちらでは高級クラブとラウンジの、働く時の服装を比較してみたので、ぜひ参考にしてください。

ラウンジの服装は私服でもOK

まずラウンジの女の子の服装ですが、基本的に自由です。
必ず着用しなくてはいけないというものはありません。
そのためラウンジで働いている女の子は、私服で働いている子がほとんどです。各自好きなものを選んで、着用しているということになります。私服OKなお店が多いので、特に服を用意する手間がないのがメリットです。

しかし私服で働いていいからといって、どんな系統の服でも許されるというわけではありません。
デニムにTシャツなど、カジュアルすぎる服装は好ましくないです。私が以前働いていたラウンジでは、パンツスタイルはNGでした。
お店の雰囲気にも合うように、女性らしい服装という決まりがありましたね。

ラウンジはヘアメイクが必須ではない!

夜の仕事ではヘアメイクもバッチリする、そんなイメージがありますよね?
私も働き始めるまではそう思っていて、毎回するのは「大変だな」と考えていました。
しかしラウンジではヘアメイクが必須ではないと知って、驚いた記憶があります。高級クラブよりはカジュアルなラウンジは、ヘアメイクをしなくても働けるんです。

ただし必須ではないからといって、適当な髪型では印象が悪くなってしまいます。

NG!

  • 整えていないボサボサな髪
  • 長すぎて邪魔な髪の毛

このような、お客様から見て不快に思うような髪型はNGです。
せめてしっかり髪をとかすか、簡単にまとめるなどはしましょう。

高級クラブの服装はドレス・ワンピースを着用

高級クラブで働く際の服装は、基本的にドレス・ワンピースです。高級感溢れる店内に合う、華やかなものを着用します。
お店によってはドレスやワンピースが貸し出し可能ですが、最近では自分の着用する物に、こだわりを持っている人がたくさんいます。人によって似合う色や好みのデザインが全然違うので、自分で選ぶ人がほとんどです。
ネットでも可愛いドレスがたくさんあるので、ネットを利用して購入している人もいます。
最近だとドレスのレンタルサービスなんかもあるみたいですね。1ヶ月9,980円でなんと着放題らしいですよ!


接客中にお酒をこぼしてしまったり、汚してしまうことがありますよね。そんな時すぐに他のもので対応できるように、一着だけではなく数着は用意しておくべきです。
良いものだと一着でも値段が高いので、結構お金がかかってしまいます。

高級クラブはヘアメイクが必須!

高級クラブで働く時は、身だしなみを完璧に整えなくてはいけません。そのためヘアメイクは必須で、毎回きちんとまとめてから出勤します。
お店によっては雰囲気を壊さないように、ヘアゴムとピンが見えてはいけないルールがあるところも。
手先が器用ならセルフでヘアメイクができるのですが、自分ではなかなか難しいです。完璧に仕上げるためには、美容院に通ってヘアセットしてもらわなくてはいけません。
美容院のヘアセット代は一回で、3000~4000円くらいかかります。
毎回お願いすると相当な金額になってしまいますが、こればかりは仕方がないですね。

銀座の高級クラブは着物で接客することも

高級クラブが数多くある銀座のお店では、着物を着用して接客することもあります。
銀座の大人な雰囲気には着物がぴったりです。着物はドレスの華やかさとは違う、大人の女性の雰囲気を醸し出せますよね。
お客様からもすごく好評ですが、着物はとにかく高額です。
一着でも相当な値段なので、お金に余裕がないと数着持つことはできません。
そして着物にも着付けの料金が1000円以上かかってきます。自分ではなかなかできないので、プロに頼む人が多いようです。
着付け代はかかりますが、着物で働くホステスはとても魅力的です。
着るだけで一気に気持ちが引き締まりますし、女性らしさがでます。