【客層】高級クラブとラウンジにはどんな人が来店する?

高級クラブの客層は年配の方が多い

高級クラブは会員制のところがほとんどなので、ある程度経済的に余裕がないと頻繁に来店するのは難しいです。

高級クラブに訪れるお客様の職業は、

  • 大手企業の社長
  • 地位の高い役職に就いている人
  • 政治家
  • 芸能人

など、収入が高めの方が多いのが特徴です。年齢は40代以上の比較的年配の方が、多く来店していますね。
もちろん若い年代の方も来店しますが、数は年配の方よりも少ないです。年配の方は落ち着いた空間で、ゆったりと過ごすのを好む傾向があります。
高級クラブはお店自体が落ち着いた雰囲気なので、年配の方の要望に合っているんです。
当サイトではデキる男に共通する高級クラブでの立ち振る舞いとマナーも紹介していますので、そちらもぜひご覧ください。

ラウンジの客層は若干年齢層が低い

ラウンジは高級クラブとは違って、お店の雰囲気が賑やかです。そのため賑やかな雰囲気の中で、楽しみたいという若い年代の方が多く来店します。
ラウンジは高級クラブよりは料金の相場は低めですが、ボトルを頼んだりすればそれなりに高くつきます。

ラウンジを利用する人の職業は、

  • 会社を経営している人
  • オーナーや店長など、お店の代表の立場の人
  • サラリーマン(役職に就いている方)

など、年代が若く収入が高めの人が多いですが、もちろん会社員など、一般的な収入の方も来店します。
高級クラブよりも敷居は低めなので、基本どんな職業の方でも気軽に来店することが可能です。
賑やかな雰囲気を好む年配の方もいますが、ラウンジの客層は高級クラブよりも若干年齢層は低いですね。

まとめ

高級クラブは高級感溢れる店内で、落ち着いた雰囲気なので年配の方が多いです。
逆にラウンジは賑やかな雰囲気で、盛り上がって楽しみたいという若い年代の方が多い傾向があります。

ホステスとして働きたいと考えている人の中には、

  • 年上の方に接することが得意
  • 同じくらいの年代の人と話す方が楽

という人がいると思います。前者は高級クラブ、後者はラウンジが向いているのではないでしょうか。
自分に合った客層の方が来るお店を検討してみてください。