デキる男に共通する高級クラブでの立ち振る舞いとマナー

高級クラブに行くなら、ふさわしい立ち振る舞いとマナーを身につけたいと感じる人は多いはず。
マナーを知らなかったり、守れないと恥ずかしい思いをしてしまう可能性があります。ダメな男性のイメージを女の子に持たれてしまうのは、どうしても避けたいですよね。
デキる男性の正しい立ち振る舞いとマナーを教えますので、しっかり頭に入れておきましょう。
実践できれば、デキる男性になれること間違いありません。

デキる男は女の子に聞かれる前にドリンクを頼む

高級クラブではお客様だけではなく、ホステスもドリンクを飲んで一緒に楽しい時間を過ごします。
女の子が飲むドリンクの料金は、お客様の会計にプラスされる仕組みです。
そのため女の子から「ドリンクを頼んで良いですか?」と、聞くことを躊躇ってしまいます。断られたら嫌ですし、図々しいと思われたくなくて、なかなか聞けない子も多いです。
そんな時に男性の方から、「何か飲む?」と聞いてくれたらとてもありがたく感じます。
デキる男性は聞かれる前に、ドリンクを頼むことができる人です。
女の子からドリンクを頼むのは勇気が必要なので、先に聞いてあげるようにしましょう。

【同伴のマナー】ホステスの出勤時間を気にすること

「同伴」は営業の前にホステスと食事などをして、二人の時間を過ごすことです。営業が始まる時に一緒にお店に行くので、ホステスの出勤時間を気にしなければいけません。
ついつい楽しくて時間を忘れてしまって、営業開始時間に間に合わなくなってしまったら大変です。ホステスが遅刻をしてしまったら、お店側に怒られてしまいます。
同伴をする際は時間を守るのが大事なマナーなので、事前にどのくらい時間があるのか把握しておきましょう。
ホステスから言われる前に、「そろそろ時間だから行こうか」と言えたらとてもスマートですね。

時間を気にすることが大切ですが、気にしすぎて常に時計を見てしまうのはやめましょう。
ホステスに「つまらないのかな」と思われかねないので、適度に確認するようにしてください。

【アフターのマナー】デキる男なら!帰りはタクシー代を渡す

アフターは営業後に二人で過ごすものなので、時間は深夜になり、帰る交通手段はタクシーになります。
ホステスは仕事後ということもあって、態度には出しませんが疲れているでしょう。
そんなホステスに気持ち良く帰ってもらえるように、タクシー代を出すのがマナーになります。
帰り際にタクシー代をさらっと渡せる男性は、ホステスからとても好印象です。

しかし、ただタクシー代を渡せばOKというわけではありません。渡す金額によっては、逆に印象を悪くしてしまう可能性もあります。
例えば少ない金額を渡してしまった時に、もし足りない場合はホステスが自分で負担しなくてはいけません。
ホステスから「これでは足りないです」とは、とても言いづらいです。
言いにくいことを察して、あらかじめ多めに渡せる男性はホステスからの印象が良くなりますよ。
渡すこと自体デキる男性ですが、金額にも気を遣える人はさらにポイントが高いです。