【モテ男】ホステスに「また会いたい」と思わせるテクニック

モテる男性とモテない男性の違いは何だと思いますか?
女性から好かれる人は、相手の方から「また会いたいな」と、思わせることができます。
ホステスにそんな風に思われたい男性は、多いのではないでしょうか。
モテる男性はみんなこうしている、というテクニックを教えますのでぜひ参考にしてみてください。

モテ男のテクニック①肩書きは後からバラせ

男性の中には女性と話す際に、自分の肩書をすぐに言ってしまう人がいます。実はすぐに言うよりも、後からバラした方が効果的なんです。
例えばですが「自分は会社を経営していて社長だ」と、女性の気を引くために言うとします。
しかし女性からすると、「肩書きで釣れると思われている」となってしまうので逆効果です。
それよりも最後まで言わない方が、ポイントが上がります。
なぜかというと少しミステリアスな方が、男性はモテるからです。

自分の肩書を自慢するような人は、女性から好かれません。あえて言わずに時間が経ってから、女性に聞かれた際にバラしてみてください。
実はすごい肩書の持ち主だったとしたら、思わぬサプライズにホステスはきっと驚くでしょうね。
これは肩書の良さが重要というわけではなく、あくまでもバラすタイミングが大事だということです。

モテ男のテクニック②すぐに口説こうとしない

好みのホステスに出会えたとしても、すぐに口説き落とそうなんて考えないようにしましょう。
出会ったばかりなのにすぐに口説こうとする人は、相手から信用されません。むしろ気が多いと思われて、マイナスイメージがついてしまいます。
初めからマイナスイメージがついてしまうと、信頼回復はなかなか難しいです。そんな状況はどうしても避けたいですよね?まずは仲を深めることから取り組みましょう。

口説きたいという思いはわかりますが、絶対に焦ってはいけません。恋愛感情はできるだけ隠して、いつものように接してみてください。
仲は良いのに口説いてこない男性に対して、女性はついつい気になってしまうものなのです。
そして余裕のある男性がモテるので、焦らず常に冷静な対応ができるようになりましょう。

モテ男のテクニック③ホステスが興味のあることを聞き出す

女性と会話する時に気をつけなければいけないことは、自分中心の話をしてしまうことです。
ホステスは男性の話を聞くというのが基本ですが、あまりにも相手を考えない話は退屈してしまいます。
女性も一緒に盛り上がれるような、興味のあることを聞き出せる男性はモテます。
初めはお互い何が好きなのかわからないので、たくさん質問してみましょう。興味のあることを聞き出せたら、会話に取り入れてみてください。
ホステスは自分の興味のある話ができたら、とても楽しいですし嬉しくなります。
楽しい時間を過ごせたら、自然に「また会ってお話したいな」と思ってくれますよ。

まとめ

三つのテクニックをご紹介しましたが、いかがでしたか?
共通して言えることは、とにかく自分をアピールすることが、モテるわけではないということです。
常に相手のことを考えられる男性こそが、女性からモテるというのがわかってもらえたと思います。
今回ご紹介したテクニックを使って、ホステスから会いたいと思われる男性になりましょう。