ラウンジと高級クラブの接客スタイルの違いが知りたい!

同じ仕事内容でもラウンジと高級クラブでは、接客スタイルが異なります。
これから来店する人も、働く女の子もどちらが自分に合うのか知りたいですよね。
ここでは接客スタイルにどんな違いがあるのか説明します。

永久指名制の高級クラブはマンツーマンスタイル

高級クラブではキャバクラのような、お店に行くたびに女の子を指名するシステムはありません。
”永久指名制”といって、一度女の子を決めたら永久的に同じ女の子から接客を受けます。

一度女の子を決めてしまうと、変更することはできません。
しかし担当の子がお店を辞めてしまった場合は、また新たな子を永久指名することになります。
お客様は「他の子にしたい」と思っても変更できないので、慎重にならざるを得ないのがデメリットかもしれませんね。

ホステスからすると、一度永久指名されれば他の女の子とお客様を取り合うなどのトラブルに発展しないため、永久指名制はとてもありがたいんです。

そして高級クラブでは一人の女の子がお客様の隣に座り、接客をするマンツーマンスタイルとなっています。
女の子と二人で楽しい時間を過ごすことができるのが、高級クラブのメリットですね。

指名制度がないラウンジは複数接客スタイル

ラウンジは高級クラブとは違い、指名制度がありません。
ランダムでお客様につき、接客をするというシステムです。
指名制度がないことによって、女の子は指名を貰わなくてはいけないというプレッシャーがありません。
ラウンジはノルマがないお店がほとんどなので、比較的気楽にのびのびと働くことができます。

ラウンジはお客様一人に対して、複数の女の子がつく接客スタイルです。もちろんお店が忙しい時は、マンツーマンになる場合もあります。
複数接客スタイルなので、会話のネタがなくなって話すことがなくなることは基本ありません。
さらに複数だと自然と盛り上がるので、ワイワイ楽しみたい人はラウンジ向けです。
逆に複数では消極的になってしまうという女の子は、ラウンジには不向きかもしれません。

まとめ

ラウンジ、高級クラブの接客スタイルの違いがわかりましたか?
永久指名は高級クラブでは当たり前の制度ですが、知らなかったという人が多いかもしれませんね。
永久指名制は一度決まったら変更はないので、女の子にとってとても嬉しいシステムです。
そして指名制ではないラウンジは、ノルマに苦しむことなく働けます。
どちらにも良さがあるので、自分が働くときに何を重視するのかによって選びましょう。